【Huluおすすめ】まず観るべき国内ヒューマンドラマ9選

JIN

実際にHuluで鑑賞して、「これはおすすめできる!」「余韻がすごい…」「何度も観れる!」と思った国内ドラマを厳選してご紹介します!

今回まとめたジャンルはヒューマンドラマです。

個人的に、夜にお酒など飲みながら和やかな気分で視聴できる、あたたかいドラマが好きです。
でも時々シリアスなものも観てしまいます。

好みが合いそうな方はどんどん参考にしていただければと思います😊

なお、一般評価の参考には「Filmarks」を参照しています。

目次

JIN -仁-

JIN

個人評価:4.8

Filmarks評価:4.3

「JIN -仁-」は余韻がすごくて、続編も併せて2回ずつ観ました!一般評価もとても高い作品です。

大沢たかおさん演じる脳外科医が江戸時代にタイムスリップしてしまい、技術も道具も仲間も無い場所にも関わらず、医師として何とか人々を救っていこうとするお話です。そんな中で様々な出会いがあるのですが、恋愛や友情が絡んできたり、またそれが未来の自分との人間関係とも繋がっていたりと、見どころたくさんの奥深いストーリーです。

有名な歴史上の人物も出てきますが、今まで大河ドラマも観たことが無かった時代劇初心者には「もうこの役にはこの人しか考えられない!」と思っちゃうほどハマっていました!
花魁役の中谷美紀さんにも見惚れます…!☺

医療×タイムリープ×時代劇というありそうで無かった設定が斬新できっと楽しめると思います!

出演者
  • 大沢たかお (仁/主人公)
  • 綾瀬はるか (江戸時代で出会う女性)
  • 内野聖陽 (江戸時代で出会う男性)
  • 中谷美紀 (現代の彼女/江戸時代の花魁)
  • 小出恵介 (綾瀬はるかの兄)
  • 桐谷健太
  • 小日向文世
ネタバレひとこと
  • 内野聖陽さんの坂本龍馬役がハマりすぎ!もう坂本竜馬は他の人じゃ満足できなさそう(笑)
  • 続編では花魁役の中谷美紀さんの出産シーンがありますが、マジでトラウマもんです。

白い春

白い春

個人評価:4.6

Filmarks評価:4.1

白い春」はトータル3回観ましたが、何度観てもうるうる来てしまいます
ほっこりするシーンやクスっと笑えるシーンもありつつ、やっぱり「切ない…」という印象が前面に来る作品です😥

阿部寛さんは前科持ちの役、エンケンさんは優しいパパ役、普段の役柄からは少々ギャップも感じますが、どのキャストさんもすごくハマっているなと思う作品です。
個人的に白石美帆さんと吉高由里子さんのお芝居が好き!キャラもめちゃくちゃしっくり来ました。
恋人役の紺野まひるさんも、もうこの人しかいないよねって感じの儚さでよき…。

阿部さん演じる春男は、とにかく不器用!でも何だか憎めないおじさん。
ちゃんとしろー!って言いたくなるんですが、なぜか同情してしまいます…。

道を踏み外したのも恋人を守るためでした。
でもそれが報われることはなく、何やってもうまくいかない。

そんな中で、愛する恋人との間には子どもが誕生していたことが分かり、子のために改心していくわけですが…。

自分の知らないところで既に育ての親が居たりして、うーん、どちらの感情も複雑ですよね😫

出演者
  • 阿部寛 (佐倉春男/主人公)
  • 大橋のぞみ (さち/娘)
  • 遠藤憲一 (村上博史/さちの育ての親)
  • 紺野まひる (真理子/恋人)
  • 白石美帆 (真理子の妹)
  • 吉高由里子
ネタバレひとこと
  • 唯一の友人だと信じていたBARのオーナーの裏切りが私的に一番ショックだった…
  • 村上は最後まで真理子に触れられなかった。そして春男もまた、最後までさちに触れることができなかった。この対比が、脚本すげえと思いました。

凪のお暇

凪のお暇

個人評価:4.2

Filmarks評価:4.0

都会でOLとして働く凪ちゃん。仕事も順調だし、カッコいい彼氏も居るし、一見幸せそのものの日々に見えるのですが…

実は社会に馴染むためにいろーんなこと我慢してたりするんですよね。
天然パーマを毎日時間かけてストレートにしてたり。周りの空気読んで自分の考えは抑え込んだり。彼氏にも気を遣ってたり。

あーなんかもう、何もかも捨てて、誰も私を知らない場所に行きたい…😥」って思ったことありませんか? (私は何度もあります!)

現代の社会に生きる20代~30代のオトナの皆さんには共感できるところが多いはず。
お酒でも飲みながら、のほほんと観てほしいドラマです。

出演者
  • 大島凪 (黒木華/主人公)
  • 我聞慎二 (高橋一生/彼氏)
  • 安良城ゴン (中村倫也/引っ越し先の隣人)

天皇の料理番

天皇の料理番

個人評価:4.4

Filmarks評価:4.2

天皇の料理番は、「観ようかな~面白いんかなぁ~なんかいまいち気が進まへん…」と何となく視聴に踏み切れず後回しにしていた作品でした。そういうのってありますよね…?😂

結局ちゃんと視聴に至りましたが、さっさと観ればよかったです!(笑)
見終わってからも「うん、よかったな…」とあとに引きました…かなり余韻が残りました…。

ほっこり心があたたまる、王道ヒューマンドラマって感じです。
大正から昭和にかけての、今とは違って人情が熱い時代背景。そんなとある昔の、料理人の物語です。

キャストもめちゃくちゃ豪華で見応えあります。

個人的には鈴木亮平さんの役作りがすごすぎて。ガリガリすぎて。
俺物語のときはあんなにがっちり体型で、変態仮面のときはあんなにムキムキだったのに…何なんこの人ぉ…😇

あと奥さん役の黒木華さんも素朴でよかったな。控えめながら、強い妻。ぴったりな役でした!

出演者
  • 佐藤健 (秋山篤蔵/主人公)
  • 黒木華 (妻)
  • 鈴木亮平 (兄)
  • 小林薫 (料理の師匠的な)
  • 桐谷健太
  • 伊藤英明
  • 武田鉄矢
  • 杉本哲太
  • 麻生祐未
  • 柄本佑
  • 坪倉由幸

Mother

Mother

個人評価:4.3

Filmarks評価:4.2

Motherは3回観ました!
日本以外でも数々リメイクされている有名なドラマです。

とにかく幼き頃の芦田愛菜ちゃんの演技が半端ない!天才すぎる…てか可愛い…それだけでも観てみる価値あるかと思います。

あらすじとしては、教師である主人公が、虐待を受けている生徒を匿って逃亡するというストーリーです。はっきり言って犯罪です!周りを欺きながら、一体どこまで逃げ続けられるのか…?

松雪泰子さんの幸薄さ、芦田愛菜ちゃんの複雑な感情、同情なしでは観られません…😫

様々な立場の母親たちが登場します。
元々子ども嫌いだったはずなのに、どんどん母らしくなっていく主人公。
子より彼氏を優先する、尾野真千子さん演じる怜南の母。
高畑淳子さんと田中裕子さん、それぞれの役どころやリアリティ溢れるお芝居にも注目です。

映像もストーリーも全体的に重ーい雰囲気のドラマではありますが、ぜひ一度視聴してみてくださいね。

出演者
  • 松雪泰子 (鈴原奈緒/主人公)
  • 芦田愛菜 (道木怜南/奈緒のクラスの生徒)
  • 尾野真千子 (怜南の母)
  • 綾野剛 (その彼氏)
  • 田中裕子 (理容室のおばちゃん)
  • 山本耕史 (記者)
  • 高畑淳子 (奈緒の母)
  • 酒井若菜 (妹)
  • 倉科カナ (妹)

とんび

とんび

個人評価:4.1

Filmarks評価:4.3

天皇の料理番といい、ヒューマンドラマの雰囲気というか青年役?がお似合いな佐藤健氏ですね!

時代は昭和。不器用な父ちゃん「ヤス」が、早くに妻を亡くしてしまったことから、周りに助けられつつも男手ひとつで息子を育てていくというシンプルなストーリーです。

シングルファーザーと一人息子の生活…。
頑固な昭和のお父ちゃんだし、すれ違いも起こるし、うまくいかないことは多々ありますが、根性と愛情で何とか生きてゆきます。それに応えるように息子もめっちゃええ子に育ってくれるんです。

穏やかな気持ちで安心して観られるドラマですよ。

出演者
  • 佐藤健 (旭/息子)
  • 内野聖陽 (ヤス/父)
  • 常盤貴子 (母)
  • 吹石一恵
  • 麻生祐未

女王の教室

女王の教室

個人評価:4.0

Filmarks評価:4.0

女王の教室は3回観ました。海外でもリメイクされている話題の作品です。

地上波での放送当時、視聴者から賛否両論あったそうですねぇ🙄

怖すぎ、厳しすぎ、スパルタ鬼教師!小学生にはさぞかし恐ろしい存在でしょうな…。

そこまでするかー!?というほどあらゆる手法で生徒たちを追い詰めていきます。
でも言っていることは正しいし…?

本当に鬼教師なのか、もしくは裏があるのか、愛が故にあえて厳しく接しているのか、作品中ではなかなか見極められません。(3回観てても難しいw)

Youtubeで鬼教師の過去や続編が配信されているのですが、本編のあとにこちらも視聴するとすっきり納得完結です。
本編での色んな疑問がクリアになりますのでぜひ観てみてください!😎

出演者
  • 天海祐希 (阿久津真矢/鬼教師)
  • 志田未来 (和美/生徒)
  • 羽田美智子 (和美の母)
  • 夏帆 (和美の姉)
  • 原沙知絵 (教師)
  • 内藤剛志 (教師)
  • 泉谷しげる (校長)

銭ゲバ

銭ゲバ

個人評価:4.1

Filmarks評価:3.7

のほほんと観られる平和なヒューマンドラマをメインに紹介している中で、「銭ゲバ」は重くて胸糞悪い系です。
原作は1970年に週刊少年サンデーで連載されていた漫画だそうです。

最低な父親のせいで貧乏を強いられた幼少期のトラウマから、どんな手を使ってでも金持ちになってやる!と決心します。周りをめちゃくちゃに巻き込みながら、邪魔なものは容赦なく消していくなど犯罪に手を染めながらも一応表面上では成り上がっていくのですが…

でも結局心の傷はそんな汚いお金では満たされませんよね。どうしたって救われない可哀想な主人公です。その行動力を別の方向に活かせられんものかと思います。ラストも衝撃的でしたよ…😨

出演者
  • 松山ケンイチ (主人公)
  • ミムラ (婚約者)
  • 木南晴夏 (婚約者の妹)
  • 奥貫薫 (母親)
  • 椎名桔平 (父親)
  • 宮川大輔 (刑事)
ネタバレひとこと

波乱万丈な人生を送った上、最後がダイナマイトで爆死というオチ…えぐすぎる。
自殺なのに、直前で怖くなって一生懸命火を消そうとしちゃってるシーンがトラウマ🙄
あと椎名桔平さん嫌いになりそう笑

僕らは奇跡でできている

僕らは奇跡でできている

個人評価:4.2

Filmarks評価:3.9

高橋一生さんの出演ドラマを観たいがために、とりあえず視聴してみたという作品です!

大学で講師をする主人公、一輝。
自分の好きなことにはとことんのめり込むし、こだわりが強いし、時間を守るのは苦手だし、とにかくマイペースで変わり者。
周りから理解されないことも多いでしょう。

ドラマ上であえて設定は公開されてはいませんが、視聴者からは「主人公は発達障害ではないか?」という指摘が多くあります。
私もそうだろうな~と思いながら観ていました。

近年少しずつ、発達障害やADHDやアスペルガーといった単語を耳にするようになりましたが、その情報を知らなければ、一輝のように「見た目はごく普通だが、ずれた言動をする人」には困惑するかもしれません。

このような個性に対して、どう接してどう向き合っていくのがお互い幸せなのでしょうか。

でも本人の一輝はただ純粋で、一生懸命なんですよね。
そんな環境で、周りの人や生徒たちにいい影響もたくさん与えていきます。

ほんわか観られるドラマです☺

出演者
  • 高橋一生 (相河一輝/主人公)
  • 榮倉奈々 (一輝が通う歯医者の院長)
  • 要潤 (同僚)
  • 児嶋一哉 (同僚)
  • 田中泯 (一輝の祖父)
  • 戸田恵子 (家政婦)
  • 小林薫 (恩師)

次におすすめしたいヒューマンドラマ4選

コウノドリ

コウノドリ

個人評価:3.8

Filmarks評価:4.2

妊娠を機に観てみました。マタニティーママたちが皆さんご覧になっているらしいので、便乗!

マタママさんたちは声を揃えて「泣ける」とか「妊娠中に観るのきつい」とコメントされていました。
やっぱり感情移入してしまうんでしょうか。

そして私はというと、なんだかまだまだ他人事に思えてしまい、感情は無に近かったです。(サイボーグ?)
夫と一緒に観たのですが、夫の方が入り込んでいたというか、心配性が炸裂していましたね…🙄

でもマタママさんのおすすめもあり、紹介したいなと思いました!

一応続編までちゃんと観ました。松岡茉優ちゃんが可愛くて好きです。

鴻鳥先生のもう一つの顔は覆面(?)天才ピアニストなのですが、綾野剛さんの白髪ウィッグだけは最後まで慣れませんでした😇

出演者
  • 綾野剛 (鴻鳥先生/主人公)
  • 松岡茉優 (下屋加江/新米産婦人科医)
  • 星野源 (四宮先生/産婦人科医)
  • 吉田羊 (助産師)
  • 坂口健太郎 (新米NIPU)
  • 山口紗弥加 (NIPU)
  • 大森南朋 (NIPU)

孤独のグルメ

孤独のグルメ

個人評価:3.9

Filmarks評価:4.0

テレ東の代表作、孤独のグルメ!松重豊さんの超ハマり役ドラマですね。

原作は漫画で、原作者の久住昌之さんが実際に訪れたお店が登場します!

おじさんがひたすら一人でご飯屋さんを開拓していくだけのお話です。ちゃんと心の声は聞かせてくれます。

何が面白いかって、松重豊さん自身が「こんなおじさんが一人で飯食ってるとこの何がいいの?」「えっまた続編するの?誰が観たいの?もうそろそろよくない?」などと、需要をまったく理解していないところとか🤗

何が面白いかって、年末年始の日付が変わるという瞬間、NHKや各民放ではカウントダウン番組などをこぞって放送している中で、テレ東にチャンネルを変えると孤独のグルメがまったり流れているとか🤗

ぼーっと観るにはもってこいの、ラジオみたいなドラマです。とにかくお腹が空くので注意!

出演者
  • 松重豊

家売るオンナ

家売るオンナ

個人評価:4.0

Filmarks評価:3.7

小さな不動産会社のお話で、仕事はできるけど癖強な主人公と、ポンコツな同僚たちによる、スカッと爽快お仕事ドラマです。

北川景子さんのファンなら絶対観てほしい…。美しすぎてそれだけで観ていられます。特に毎回変わるオフィスコーデもおしゃれで見どころです。

個人的にはイモトアヤコさんとの絡みが好きです。「GO!!!」がウケます。(←見れば分かる…!笑)

家売るオンナは続編ドラマも公開されています。なんだかオフィスコーデが派手になっていました👀
さらに1時間半のスペシャル版へと続きます。

出演者
  • 北川景子 (主人公)
  • 仲村トオル (上司)
  • 千葉雄大 (同僚)
  • イモトアヤコ (同僚)

義母と娘のブルース

義母と娘のブルース

個人評価:3.8

Filmarks評価:4.0

超キレッキレのビジネスウーマン岩木亜希子が、Win-Winの関係から突如結婚することになり、義理の娘に認めてもらうまでの紆余曲折の日々を描いたお話です!

子育てにおいても終始ビジネススタイルが付きまとうのが笑えますが、義娘も何だかんだその姿勢を受け継いでしまうのがまた面白いところです。

綾瀬はるかさんの不自然なほどやり過ぎなお芝居が私には少しリアリティが欠けて映りましたが、コメディとして楽しく観られる作品だと思います。

主題歌はMISIAさんのアイノカタチです。いい曲ですよね!

出演者
  • 綾瀬はるか (主人公)
  • 横溝菜帆 (義理の娘/幼少期)
  • 上白石萌歌 (義理の娘/高校生)
  • 竹野内豊 (夫)
  • 佐藤健 (就職先のパン屋の店主)

おすすめ国内ドラマ ヒューマンジャンル まとめ

いかがでしたか?まだ観たことがないものがあれば、ぜひご覧になってみてくださいね。

私も新たに開拓を続けます!ハマったドラマが見つかればまた更新します😊

このページを教える
  • URLをコピーしました!
目次