【出産準備】最低限必要なものはたったこれだけ。要らないものも多い!

新生児期に最低限必要なものはたったこれだけ。要らないものも多い!

出産準備について調べると、揃えなくてはいけないものが多すぎてびっくりしませんか?🙄

そもそも初めての子育てで、実際に使うか使わないかも分からないのに先に買っておくなんて、何の保険やねんって感じです。

赤ちゃん用品専門店に置いているパンフレットなんかにも目を通しましたが、「売れないと成り立たないんだからそりゃ勧めてくるよね!」と思います😇(ひねくれてる?)

ズボラで倹約家の私としては「極力、無駄な買い物はしたくない!「最初は本当に最低限だけでいい、必要になれば買い足せばいい」という考え方です。

同じ思考のママさんがいらっしゃれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。一部、実際に使用した商品も一緒に紹介しています。

えっこれだけでいいの?と思うかもしれませんが、意外に大丈夫ですよ😊

目次

新生児期に必須!取り急ぎ揃えたいもの

新生児用オムツ

言わずもがなオムツ!

消費量の目安は「3時間の授乳ごとに1度換える+うんちをしたら換えるくらいのイメージです。

母乳の方がうんちの回数は増えます。

私は混合で、使用枚数は1日10枚ほどでしたが、最近のオムツは質がめちゃくちゃ良いのでおしっこだけなら5~6時間空いてしまっても赤ちゃんは特に気持ち悪がったりしませんでした。

一般的なオムツの容量が60〜70枚だとすれば、とりあえず2〜3パックあれば安心かなと思います。その後は早い子ならサイズアップする場合があります。

おしりふき

おしりふきも勿論必須です。

店頭で見比べても容量や値段がピンキリで、比較が難しいですよね…?

体験談としては、西松屋の厚手おしりふきはめちゃくちゃ安いのにかぶれなかったのでずっと使っています!

しかし、私の手の方が荒れてしまいました…。これはおしりふきウォーマーを使っていたことが原因です💦

トイレに流せるタイプも販売されていますが必要性を感じなかったので、そのままゴミ箱にポイポイ捨てていました。

コンビ肌着 (+カバーオール)

お股のところにボタンがついているタイプの肌着です。肌着はこれだけあればいいです!

基本的に部屋の空調は適温だと思いますので、夏場は薄手のもの、冬場は厚め生地のものを選んで1枚だけ着せておけば大丈夫です😊

我が子は11月生まれでしたので、「西松屋のコンビ肌着(あったか素材)」を愛用していました。

冬場でエアコンを切る際や2週間健診の外出時など、肌着の上に重ね着させる必要がありそうなら、50-60cmのカバーオールを2~3着用意しておきます。

ガーゼ

お顔を拭いたり、沐浴で体を洗う際に、お肌に負担の少ないガーゼを使います!

手洗いで済みますし乾くのが早いので、3枚で間に合いました。

多くても5枚ほどあればとりあえず足りるのではと思います。

綿のタオル

タオルも綿製で揃えます。

私はバスタオルしか使いませんでした。使用用途は、寝るときに下に敷くのと、お風呂上がりに拭くのみ。

吐き戻しも多いと思い4枚用意しましたが、汚れていなければ敷いてるタオルでそのままお風呂上がりに拭いたりしていたのでほぼ2枚のローテーションで回していました💦

赤ちゃん用保湿クリーム

赤ちゃんの保湿はお風呂上がりに必須です。

私が元々アトピーということもあり、子どもには特に気を遣って少し高めの保湿クリームを選びました。Johnsonのすこやかナチュラルローションです。

また、湿疹予防のためお顔の保湿のみ1日2回しました。朝はお湯であたためたガーゼでお顔を拭ったあと、クリームを伸ばします。

ちなみに我が子の場合はこのやり方で乳児湿疹が出ませんでした!

赤ちゃん用ボディーソープ

ボディーソープもお肌に優しいものを選びます。

沐浴は片手で赤ちゃんを洗わなければならないので、ポンプ式の泡で出るタイプがとても便利です。

ボディーソープも少し奮発してpigeonのフィルベビーにしました。

赤ちゃん用ハンガー

洗濯を干す時に役立ちました!

私は100均のセリアで5本100円で販売されているのを買ってきました。

赤ちゃん用爪切り

爪切りも必ず必要になります。

爪切りするのが怖いというママも多いですが、実は赤ちゃんの爪はとても柔らかくてペラペラなので、力余って深く切りすぎるということはないかと思います!

西松屋などで数百円で販売されています😌

赤ちゃん用綿棒

赤ちゃん用綿棒は大人用のものより細いというだけです。

使うシーンは、耳と鼻の掃除くらい。

赤ちゃん用を購入してから、ついでに大人も同じものを使うようになりました(笑)

抱っこひも

お出かけが少ない新生児期では使わないかもしれませんが、ギャン泣きの時など抱っこしてあげたいけど手が塞がっている…といった場合に、首が据わっていない新生児期から使える抱っこひもを購入しておきました。

結局使うのは1ヵ月過ぎてからでしたが…(笑)

私が購入したのは、キューズベリーという日本製メーカーの「ZERO」という商品です😊
メルカリでも結構見かけます。そして人気なのかすぐ売れていきます。

日本人の体型にぴったりで、パパもママも調整なしで使い回せるのと、装着が簡単なのがポイントかなと思います!

チャイルドシート

車移動のご家庭なら、退院のその日から必ず必要になります!

私は結局「トラベルシステム」という、チャイルドシートとベビーカーのセットを購入しましたが、チャイルドシートだけならエールベベにしようと思っていました。

アップリカコンビなど有名どころもありますが、チャイルドシートを調べていた時に最も購入者の満足度が高いなと感じたのがエールベベでした!

チャイルドシートはピンキリで悩みますが、間違いないのは乗せ降ろしの際に回転するタイプです

新生児期に必要なかったもの

短肌着、長肌着

短肌着と長肌着は、コンビ肌着とは違いお股のところにボタンが無いタイプです。

どのサイトやパンフレットでも大体必須と言われていますが、ボタンが無いことにより抱っこする時に上に捲れ上がっていくので扱いにくかったです。

また、カバーオール(肌着の上に着せる普通のベビー服)と重ね着させる際もズレてしまうのが気になりました💦

授乳クッション

授乳クッションは産院では用意されていたかもしれません。

確かにあると授乳しやすくなりますが、専用のものでなくても適当なクッションや毛布をまるめたものなどで代用が可能です!

ベビーベッド

ベビーベッドは、腰に負担がかかるのと、使える期間が短く処分が面倒なのであまりおすすめしません。

先輩ママたちも「結局自分の布団で添い寝するようになって使わなかった」「途中から物置きになっていた」という声が多かったです😂

私もベビーベッドは使わず、たまたま家にあったニトリの4つ折りマットレスを布団替わりにしていました。

ベビーベッド派の場合はジモティーなどで仕入れて利用後は売ってしまうか、最初からレンタルにしておくのがおすすめです。

ベビー用布団

ベビーベッドに引き続き、布団もベビー用にこだわる必要はないと思います。

敷き布団は長く使えるよう大きめのマットレスなどにしておくと無駄になりません。小さいうちは長めの座布団でも問題なし!

シーツはバスタオルで十分です!すぐ汚れるのでパッパと取り替えられる方が便利です☺

赤ちゃんは体温が高く、大人ほど分厚い布団は必要ありませんので、掛け布団もブランケットなどで調整します。

ベビー用まくら

赤ちゃん用のまくらは、基本的には不要のようです。寝返りを打つようになると窒息の恐れがあるからです💦

産院でも使われていませんでしたし、私も使わずでした。
頭の部分に別途タオルを敷いて吐き戻し対策をするくらいでした!

頭の形が歪んでいて気になる…という場合は病院や助産師さんに相談してみてください。

靴下・帽子

新生児期の1ヵ月間はめったに外出しないので、赤ちゃん用の靴下や帽子は出番がありません。

帽子は新生児サイズから販売されていますが、日の目を見ずに時期を過ぎてしまう可能性があります(笑)

また、靴下に関しては、赤ちゃんは足の裏で体温調整をしますから、買うのであれば筒状になっているレッグウォーマーがおすすめです😊

人によるけど私は使いました!

赤ちゃん用ピンセット

鼻くそを取る時にあると便利!綿棒だけだと逆に押し込んでしまうこともあります。

赤ちゃん用ピンセットはプラスチック製で先が丸いので安心です

赤ちゃんは鼻が詰まっても頑張って鼻呼吸しちゃうのでよくフガフガ言ってます😤

奥にある鼻くそは粘膜を傷つけることもあるので無理に取る必要は無いのですが、ピカピになって手前に出てきたものだけ取り除いてあげます。

哺乳瓶の消毒液

粉ミルクをあげている場合は哺乳瓶の消毒が必要になります。

方法は主に煮沸レンチン消毒液、使い切りの顆粒タイプ錠剤タイプがあります。

私は煮沸などの手間が面倒なので錠剤です!ミルトンのような高級なものじゃなくても色々売られていますよ。

百均で小さめのプラスチック製ボックスとトングを買ってきて、錠剤は2L用だったので半分に割って1L分で消毒していました。

スタイ

我が子はミルクの吐き戻しが多く、スタイは必須でした。

吐き戻しやヨダレが少ない子は使わないみたいですね☺️

スタイのおすすめは、エリマキトカゲみたいに360°ガードしてくれるタイプです。

ネットでは5枚セット700円など、中国製のものがかなり安く販売されているので、私はまとめて購入しました。

母乳パッド

入院中に母乳がどれくらい出ているか何となく分かるかと思いますが、母乳がよく出る、おっぱいが張りやすいと感じる方は母乳パッドをあてておく方がが安心です!

母乳が溜まりすぎると寝ている間に漏れてしまい、服やシーツがびしょびしょになり兼ねません😭

使いやすかったのはpigeonの母乳パッドです。メーカーによっては接着部分が小さくて、ペロンと捲れてしまいました🙄

赤ちゃん用洗濯洗剤

赤ちゃん専用の洗濯洗剤は使わないママも結構居るみたいです。

私は自分がアトピーということもあり特に気にしていたので、水通しから生後2〜3ヵ月まで使っていました。

大人と兼用で使える「さらさ」なども有名ですが、そもそもパパの臭い靴下などと一緒に洗うことに抵抗があったため、洗濯自体別でしていました(笑)

ちなみに種類はPigeonのピュアで、コスパの良い詰め替え用(紙製のパックタイプ)を詰め替えずにそのまま使っていました😂

ベビーバス

ベビーバスも、わざわざ買わなくても家にある適当な収納ケースなどで代用できるようです。

とはいえ角がとんがっているとこちらの腕が痛いので(笑)、私は西松屋で1,000円ほどの安いベビーバスを購入してキッチンのシンクで沐浴させていました。

都度空気を抜くこともなくその辺で適当に乾かしていました…😂

授乳ケープ

新生児期でもお客さんがいらっしゃる場合など、人前で授乳する必要があれば授乳ケープが役立ちます。

隠れれば何でもいいので、私はメルカリで500円ほどの中古品を購入しました。

おしりふきウォーマー

機器の中におしりふきをセットしておくと電気で温められるので、赤ちゃんのお尻がヒヤッとしません。特に冬場はおすすめのアイテムです。

問題は、熱気で水分が飛ぶのでおしりふきの水気が減ります。

そして肌の弱い私は指が荒れました😭
冷たい水よりお湯の方が皮脂が流れてしまうからだと思います…。

トラベルシステム

トラベルシステムは、チャイルドシートを取り外してそのままベビーカーに装着できるという斬新な商品です👀
海外ではメジャーみたいですが日本ではまだまだ浸透していませんね。

なぜトラベルシステムを選んだかというと、「寝ている赤ちゃんを起こして泣かせたくないから」です(笑)

チャイルドシートを部屋に持ち込めばそのままバウンサーにもなります。(底がアーチ状でゆらゆらできます)

実際、チャイルドシート部分だけを取り外して部屋を行き来しているので、赤ちゃんは寝っぱなしで本当に楽です。
よそのお宅にお邪魔する時や、飲食店にすら持ち込める勢いです。

また、ベビーカーはA型とB型兼用となっていて、チャイルドシートを取り外してからも使い続けることができます。

購入したのはJoieのトラベルシステムですが、使用していて気になる点もありましたので、トラベルシステムを検討している方は参考にしてみてください。

  • チャイルドシートごと乗せ降ろしができるが、回転しないので車に乗せてから赤ちゃんだけを持ち上げるのは難しい。
  • チャイルドシート部分がマジ重い。軽くても3kg+赤ちゃんの体重を持ち運ぶことになる。
  • ベビーカーもマジ重い。チャイルドシートを支えるためか、かなり頑丈な作り。間違っても折り畳んで街中を歩くなんて無理。
  • Joieの場合、ベビーカーの持ち手が固定されている。B型として使う場合、赤ちゃんの顔が見えない
  • ベビーカーにフックが付いていない。(安全面を考慮して最近は付けられてへんのかな…?)
  • チャイルドシートはサイズ的に長くても1歳までしか使えない

授乳キャミソール

前々から下着はユニクロのブラトップ民だったので、授乳もカップ入りのキャミソールを愛用していました。

もちろん授乳ブラ派の方もいらっしゃると思います!

どちらにしても、便利なのは胸の部分がY字に重なっているタイプです。ズラしてすぐ授乳できます。

プラスチックの留め具がついた授乳ブラはちょっと使いにくかったです🙄

私は取り急ぎ西松屋で700円くらいのペラペラの安いキャミを買ってきましたが、パットが縫い付けられていなくて洗濯の度に折れ曲がるし、そのうち穴から飛び出てくるしで、安かろう悪かろうでした🤣

授乳服

授乳服は新生児期を過ぎてお出かけしてから使い始めましたが、ついでに感想を書いておきます!

胸の部分が上にぺろんと捲れるタイプのワンピースは授乳しやすかったです。2~3枚欲しい。

サイドに切り込みがあるタイプのパーカーなどは、手をつっこんで、裏地をどけてキャミソールを上げて…と乳首まで遠すぎる🤣
ブラ派の方はまだ使いやすいと思います!

ただどちらにしても、授乳ケープは必要かなと🙄

ちなみに授乳服はアカチャンホンポで購入。1着3,000円くらいでした。

結果的に、前開きワンピースさえあれば授乳服は必要ないことが分かりました(笑)

加湿器

産まれたのが11月ということもあり、空気がどんどん乾燥していき、赤ちゃんの鼻詰まりが気になりました。鼻くそがすぐカピカピになってしまうのです😥

というわけでとりあえず適当な加湿器をネットでググって、アイリスオーヤマの最安加湿器(1,980)円を購入しました。

アイリスオーヤマなら安くても大丈夫だろう!という謎の信頼。口コミもいいし。

使用した感想、大容量でつけっぱなしでも半日はもつし、ちゃんと湿度も上がります。
でも、タンクを取り外す時に必ず水滴がポタポタこぼれます😭(なんで口コミで誰もつっこまへんねん…)

質はともあれ、冬場なら加湿器はあった方がいいと思います!

新生児期に必要なもの まとめ

ざっと紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

取り急ぎ必要なものって実はベビー用品店でパッパと安く揃えられるものばかりだったりします。

新生児期をおうちで過ごしているうちに次に必要なものや欲しいものがどんどん増えてくると思いますが、最初の1ヵ月は最低限でも割と大丈夫ですよ。

赤ちゃんのことも何かと気にかけないといけませんが、ママの体を労ることを1番大切に、新生児期を楽しんでくださいね☺

このページを教える
  • URLをコピーしました!
目次